10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

1万円から始める超少額資産運用

1万円で投資できる金融商品は意外とたくさんあります。 国内株式で株主優待を狙っていくには難しいものの、株を保有し配当金を頂くことは可能です。

投資信託やFX、原油や金なども1万円から投資可能です。

運用資金が1万円に限られると、得られる利益も少なくなります。 100万円の利回り1%と1万円の利回り1%では額が異なりますよね。

投資の練習には最適ですが、「1万円からの投資で人生を変える」ことは難しいです。 仕事もしながらコツコツと投資額を増やすのが現実的です。

例外的にFXだけは、投資金額の数倍以上の利益(もしくは損失)が出る場合があります。 たとえ1万円の証拠金でも、損失は1万円を超えるケースもあるので注意を要します。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

公開:2014年12月17日 最終更新:2016年08月18日

[広告]

コンテンツリスト

1万円で投資信託が買いたい!何か買えるの?

1万円で投資信託が買いたい!何か買えるの?

[1万円資産運用編]

1万円で投資信託が買いたい!何か買えるの?

投資信託の受益権は、1万円から購入することが出来ます。 筆者が実際に保有している投資信託を例にご紹介いたします。

1万円から始めるFX。少額取引なら初めてでも安心!

1万円から始めるFX。少額取引なら初めてでも安心!

[1万円資産運用編]

1万円から始めるFX。少額取引なら初めてでも安心!

1万円から取引可能なFXとして、1000通貨単位での取引をご紹介します。 1000通貨単位ならば、委託金5000円程度を用意することでFXを始めることができます。

1万円で株式投資!単元未満株で100円から株主に

1万円で株式投資!単元未満株で100円から株主に

[1万円資産運用編]

1万円で株式投資!単元未満株で100円から株主に

1万円から株式投資を行うためには、単元未満株制度を利用する手があります。 株主優待を得ることはできませんが、株主として配当金を得ることが可能です。

1万円で純金投資!希少金属への投資とは

1万円で純金投資!希少金属への投資とは

[1万円資産運用編]

1万円で純金投資!希少金属への投資とは

原油同様に、金も少額で投資を始めることができます。 「有事の金」と呼ばれるように、資産を守る側面の強い投資商品です。

1万円で原油に投資!今買えば将来石油王に?

1万円で原油に投資!今買えば将来石油王に?

[1万円資産運用編]

1万円で原油に投資!今買えば将来石油王に?

1万円以内で手軽に投資できる原油ETFをご紹介します。 2015年現在で、株式市場では3つの原油ETFが上場しています。

上に戻る

1万円を1日運用してもっとも利益が出た金融商品はどれ?

1万円を1日運用してもっとも利益が出た金融商品はどれ?

[1万円資産運用編]

1万円を1日運用してもっとも利益が出た金融商品はどれ?

1万円で購入できる単元未満株、投資信託、外国為替の3つについて、実際に1日間運用してみた結果をご紹介します。

月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資

月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資

[1万円資産運用編]

月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資

月々500円から積立できる投資信託をご紹介します。 1万円で安全に資産運用をするなら鉄板の金融商品です。

1万円から始める個人向け国債

1万円から始める個人向け国債

[1万円資産運用編]

1万円から始める個人向け国債

1万円から購入できる個人向け国債についてご紹介します。 積極的に資産を増やすのは苦手ですが、様々な金融商品の中で安全性が高いのが特徴です。

投資初心者に最適?約1500円で日経225銘柄に投資する方法

投資初心者に最適?約1500円で日経225銘柄に投資する方法

[1万円資産運用編]

投資初心者に最適?約1500円で日経225銘柄に投資する方法

約1500円で日経225銘柄に間接投資できるのが上場日経225(ミニ)です。 値動きリスクが小さく投資のエッセンスを掴むのに最適です。

1万円でMMF!超低リスクの資産運用法

1万円でMMF!超低リスクの資産運用法

[1万円資産運用編]

1万円でMMF!超低リスクの資産運用法

MMFは極めて安全性の高い公社債で運用される投資信託の一種で、1口=1円から購入できるため、1万円資産運用でお金を失いたくない方にオススメです。

1万円で米国債(+ 米国社債)に投資する方法

1万円で米国債(+ 米国社債)に投資する方法

[1万円資産運用編]

1万円で米国債(+ 米国社債)に投資する方法

1万円以内というリーズナブルな価格で米国債(+米国社債)に投資を行うならば、日本市場に上場するETFや投資信託へ投資するのが良いです。 よりリスクを抑えるならば、為替ヘッジが行われているファンドを選択します。

上に戻る

1万円で銀に投資する方法

1万円で銀に投資する方法

[1万円資産運用編]

1万円で銀に投資する方法

金同様に銀も少額で投資を始めることができます。 将来の工業需要を見越して買ってみてはいかがでしょうか。

1万円でアメリカ市場に上場するETFに投資する方法

1万円でアメリカ市場に上場するETFに投資する方法

[1万円資産運用編]

1万円でアメリカ市場に上場するETFに投資する方法

安価に売買できるアメリカ株式のうち、ETFは1万円以内で投資可能な物が多数揃っています。 買い付けはNISA口座のキャンペーンを利用するとお得です。

1万円からの投資。オススメは何?

1万円からの投資。オススメは何?

[1万円資産運用編]

1万円からの投資。オススメは何?

1万円からの投資でもかなり幅広く商品を選ぶことが出来ます。 リスクを追い求めるか、1万円を守りつつ運用するかで運用方法は異なってきます。

1万円でガソリンと天然ガスに投資する方法

1万円でガソリンと天然ガスに投資する方法

[1万円資産運用編]

1万円でガソリンと天然ガスに投資する方法

原油と似たエネルギー商品にガソリンと天然ガスがあります。 いずれも東証に上場するETFで、数百円~数千円で投資できるのが特徴です。

1万円で仮想通貨「ビットコイン」に投資する方法

1万円で仮想通貨「ビットコイン」に投資する方法

[1万円資産運用編]

1万円で仮想通貨「ビットコイン」に投資する方法

仮想通貨の例としてビットコインを挙げ、私たちがそれを取引する方法をご紹介します。私たちもビットコインを買えるんです。

上に戻る

1万円で不動産投資を始める方法

1万円で不動産投資を始める方法

[1万円資産運用編]

1万円で不動産投資を始める方法

株式市場に上場する不動産投資信託(REIT)に投資を行う上場投資信託(ETF)を利用すれば、最低2,000円から不動産投資が可能です。 筆者も投資中で、ちょっとオススメの方法だったりします。

1万円でクラウドファンディング投資を始める方法

1万円でクラウドファンディング投資を始める方法

[1万円資産運用編]

1万円でクラウドファンディング投資を始める方法

金銭的リターンを目指す投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は、預金金利や国債に比べて利回りが魅力的です。 最近は1万円からの案件も増えており、投資の少額化が進んできました。

1万円でウラン・原子力産業に投資する方法

1万円でウラン・原子力産業に投資する方法

[1万円資産運用編]

1万円でウラン・原子力産業に投資する方法

米国市場に上場するURANIUMNUCLEAR ENERGY ETF(ウラン・原子力ETF。ティッカー:NLR)を利用すれば1万円以内でウラン・原子力産業に投資できます。 日本の電力株もポートフォリオに含むETFです。

1万円で不動産事業へクラウドファンディング投資する方法

1万円で不動産事業へクラウドファンディング投資する方法

[1万円資産運用編]

1万円で不動産事業へクラウドファンディング投資する方法

OwnersBookは1万円から不動産事業へ投資できる投資型クラウドファンディング。 金額的な投資のハードルが低いのが特徴です。

1万円で仮想通貨「イーサリアム」に投資する方法

1万円で仮想通貨「イーサリアム」に投資する方法

[1万円資産運用編]

1万円で仮想通貨「イーサリアム」に投資する方法

OwnersBookは1万円から不動産事業へ投資できる投資型クラウドファンディング。 金額的な投資のハードルが低いのが特徴です。

広告

広告

上に戻る

1万円でできる超少額投資とは?

1万円で購入できる金融商品には、以下のような物があります。

表1. 1万円以内で購入できる各種金融商品

商品 特徴
マネーマネジメントファンド
(MMF)
外貨預金と同じ感覚で利用できる低リスク商品
個人向け国債 定期預金と同じ感覚で利用できる低リスク商品
株式投資(単元未満株) 少額で株式を買うための制度
デイトレや優待狙いの利用は難しい
上場投資信託(ETF) 日経平均株価と同じ値動きをする投資信託
株式と同じルールで売買可能
不動産投資信託(REIT) 手間をかけずに出来る不動産投資
株式と同じルールで売買可能
投資信託
積立投信
最低1ヶ月500円から売買できる投資商品
日本債券や海外株式など幅広い投資が可能
外国為替証拠金取引(FX) リスクの高い為替取引
純金投資
純銀投資
資産を守るニュアンスの強い貴金属投資
原油投資
ガソリン・天然ガス
ウラン
世界経済や投機資金でダイナミックに変動する資源投資
海外ETF ニューヨーク市場に上場する投資商品
実は1万円以内の商品が多い
仮想通貨(ビットコイン) 最近話題の仮想通貨取引
実店舗でも利用可能
投資型クラウドファンディング 利回りを追求する投資商品
別名ソーシャルレンディング

こうして見ると、1万円でもいろいろなものに投資できると思いませんか? 1万円の投資でも商品選びや分配金にワクワクすることができるのです。

現実的には、1万円を数年で1億円に・・・なんていう夢物語はほぼ100%不可能です。 毎月、もしくは毎年といったペースでコツコツと投資額を増やし、資産を築いて行くのが適切だと筆者は考えます。

1万円資産運用はその第一歩です。

最低投資額は業者にも依存します

がまぐち

上記表の商品は確かに1万円で投資できますが、その最低投資額はサービスを提供する業者にも依存します。

例えば積立投信は、SBI証券とカブドットコム証券を利用すると500円から設定できますが、楽天証券は月1,000円からです。

また、そもそも投資信託を扱わない松井証券のように、全ての業者が上記表全ての商品を扱うとも限らない点に注意です。

1万円を投資するならどれ?

あなたの価値観にもよりますが、1万円を運用するならば、

あたりはいかがでしょうか。 これらはいずれも配当金や分配金など、長期的な金銭リターンを求める金融商品です。

例えばソーシャルレンディングに1万円投資を行い、無事全額が償還されると600円程度のリターンがあるかもしれません。

海外ETFであれば、ドル建てですが、毎月分配金収入を得ることも可能です。 年額に直すと4ドルや5ドル程度のリターンも見込めます。

いずれも、銀行に100万円を預ける以上のリターンですよね。

1万円をちまちま短期運用して10倍に増やしても、それは10万円です。 おそらく仕事を通じて収入を得たほうが効率的な稼ぎになるはずです。

そこで、1万円はもともと無かったと考え、長期的な配当金・分配金収入を見込める商品に投資します。 それが株式や投資信託、上場投資信託(ETF)や不動産投資信託(REIT)なのです。

多少元本を毀損しても、1万円なら悔しいとショックを受けることも少ないはずです。 最初からなかったものとして一生それをその商品に投資し続ければ、それは一生お金を生み出してくれるのです。

1万円で短期間に利益を出すには?

1万円で短期間に利益を出すために最適な投資方法は外国為替証拠金取引(FX)です。 詳細は、1万円を1日運用してもっとも利益が出た金融商品はどれ?をご覧ください。

リンク先記事では触れていませんが、デイトレやそれよりも短いスキャルピングと呼ばれる取引を繰り返せば、わずか4,000~5,000円の投資で、1日1,000円を超える利益を出すことが出来ます。

ちょっと地道すぎますが、1万円を10万円にすることも不可能ではありません。

FXは証拠金が1万円でも、その損失は1万円を超える可能性を持ちます。 リスクの高い取引ですので、夢を見すぎるのは禁物です。

1万円資産運用を始めるには

原則証券口座の開設が必要です。

の2つはそれぞれ

  • ビットフライヤーなどの仮想通貨取引業者
  • 日本クラウド証券などのソーシャルレンディング取扱業者

の口座開設が必要です(いずれもリンク先にて紹介しています)。

どのサービスを利用するにしても

  • 口座を開く
  • お金を入金する
  • 入金したお金の範囲内で取引する

が大原則です。

上に戻る

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。