公開:2015年1月25日 最終更新:2017年01月11日

インストックネットの歩き方

あなたに投資経験がないことを前提に弊サイトの代表的な記事を紹介しているページです。 記事がたくさんになってきたので、よかったらオススメの資産運用方法だけはチェックしていって欲しいです。

インストックネットでオススメの資産運用方法は積立投信です。

積立投信はあなたがどんな仕事をしていて、どの程度収入を得ていようが、関係なく取り組める資産運用です。 最少投資額は500円ですから、「お金がなくて投資ができない」という悩みも不要です。

たとえ数千円でも、何年も続ければ結構な投資額になりますね。

ただ、10万円以内でできる資産運用は、必ずしも積立投信に限りません。 株式ももちろん買えますし、個人向け国債のような低リスクの商品も選択できます。

あなたが自力で商品を選びたいなら、あなたの興味をひく商品をお探しください。 一方、「資産運用?何をどうすれば?」とお考えなら、積立投信については是非とも知って欲しいです。

[広告]

はじめに

インストックネットへにお越しいただきまして誠にありがとうございます。

弊サイトは筆者が実際に20万円の資金を元手に株式投資を始め、その後投資信託やFXなど様々な金融商品に手を出した経験を踏まえて作成しています。

弊サイトの目的は、

  • 「投資はお金持ちしかできない!」というイメージを払拭したいこと
  • 筆者が実際に20万円で運用を始めたこと
  • あなたも最少500円から投資を開始できること

を紹介したく思い、キリの良い数字である「10万円からの少額投資」をテーマにしました。

投資はどんな人ができるの?

投資は、

  • 20歳以上
  • 日本国籍を持つこと

の2つの条件を満たすと、誰でも証券会社に口座を開設できます。 20歳以上ならば学生でもOKです。

20歳未満の場合にはご両親(親権者)の同意が必要です(親権者とともに口座を開設することになります) ご両親にご相談なさってみてください。

投資はどんな人がやってるの?

投資家の多くは給与収入を主な収入源とする兼業投資家です。 手っ取り早く言えば、「投資をやってるサラリーマン」のことです。

昼間働いていても投資はできるんです。

彼らはスマートフォンやタブレットを使って外出時に株の売買をしています。 加えて、投資の注文は24時間可能(取引時間外は注文予約)なので、「昼間働いているから・・・」という悩みはあまり関係なかったりします。

現在の証券会社はインターネットから取引できるんです。

10万円投資を始める方法

投資を行う上で必要なものは、投資に用いる原資(お金)と証券会社の口座だけです。 証券口座を開設しお金を入金すれば、証券会社で扱っている金融商品(株式や投資信託など)を購入できます。

あなたが投資できる金融商品には何があるかは、以下にて紹介しています。

1万円で投資を行う場合も同じで、証券口座を開いて入金です。

証券口座を開く際に良くありがちな質問は以下で紹介しています。

オススメの運用方法は何?

積立投信です。

この運用は、あなたが現在収入を得ていれば、たとえ10万円や100万円といった現金を持たずとも開始できる資産運用です。 それでいて、将来うまく行く可能性が高い運用方法です。

筆者はどんな運用しているの?

筆者は割と気が向くままにやっています。

金融商品はいつどこで買うの?

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?会社勤めのサラリーマンはどこで株を買うの?で触れていますとおり、証券口座の利用はインターネットを通じて行うのが一般的になりました。 インターネットを利用できれば、24時間日本のどこからでも注文処理を出せるようになっています。

難しく考える必要はありません。 Amazonなどのオンラインショッピングとほとんど同じです。

スマホやタブレット端末を利用しての投資をお考えでしたら、スマホやタブレットで株取引する方法をご覧ください。 特に、タブレット端末で株取引。屋外でどうやってインターネットにつなぐの?が良く読まれていらっしゃいます。

人知れずこっそり投資をしたいけど出来る?

家族や会社に株取引がばれると困るあなたへにまとめています。 最初に口座開設関係の書類を受け取る必要があるものの、その後は基本書類の送付無しに運用可能です。

前世紀と異なる、現物の株券(株式証書)は廃止されています。 単に株を買っただけでは何も書類は届きません。

お金損したり借金したりする?

株式や投資信託など、金融商品は元本保証はされませんので、運用次第で元本割れの恐れがあります。 ですが、投資した10万円が突然0円になるようなことはまずありません。10万円が0円になるのは、持っている株式の会社が倒産して、株券が紙切れになったときぐらいです。

注意して欲しい点として、株式での信用取引と、FX、先物関係はご注意ください。 これらは、業者に保証金(担保)を払うことで、保証金以上の借金をして行う取引です。

突然の変動で10万円がマイナス(つまり業者にお金を払うこと)になる場合もあります。 これらの詳細は、株式や投資信託などの取引で借金するのはなぜ?をご覧ください。

慣れるまでは1万円で株式(単元未満株)や投資信託に投資を行い、日々の値の変化がどの程度かを見ることをおすすめいたします。 日々の値の変化については、1万円を1日運用してもっとも利益が出た金融商品はどれ?でもご紹介しています。

インストックネットでは、最初から資産全力で金融商品を買い付けるのはおすすめいたしません。 仮に1000万円の資産運用をするにしても、最初は1万円や10万円から練習することをお勧めいたします

特に退職や転職に伴う無職期間中に収入を得ることが目的ならば、細心の注意をしてください。 基本的に、後がない取引は危険な取引に手を出しがちだからです。

1万円でも投資に躊躇したり、元本割れリスクを嫌うのでしたら、ネット銀行の高金利預金を利用してください。

10万円だけの投資って恥ずかしくない?

たしかに「投資をしています!」と胸を張るには少ない額かもしれません。

しかし、ちょっと考え方を変えてみてください。

投資とは、企業など将来の発展の為にお金を必要としている人や団体にお金を投じる活動のことです。 たとえ1万円だろうが10万円だろうが、あなたの投資したお金は必ず誰かの役に立っています

日本証券業協会がまとめたアンケート結果では、50万円以下の投資を行う投資家は全体の10%超は存在しています。 少額の個人投資家は表に出てこないだけで結構いるものです(投資関係のブログって数100万とか運用している方が多いので、なおさらですよね!)。

加えて、投資で得られるものは、必ずしもお金だけではありません。 社会・経済情勢の知識は確実に身につきますし、取引先の企業がどういった状況なのか?ということもきっと気になってきます。

また、お金に関する知識もついてくれば、無駄遣いをしにくくなるかも。

加えて、株主優待を利用すれば、いつも使うお店をよりお得に利用することも可能になりますから、投資をする前よりお金がたまりやすい環境になってきます。 生活に役立ちそうか?という点で考えれば、投資額なんてわりとどうでもいいものです。

証券口座はどこに開設するのがいいの?

様々ありますが、当サイトではSBI証券をお勧めしております。 SBI証券は商品選択の幅が広く、今度どう使って行くかがまだイメージのつかない初めての方が、あれもこれも試しやすい環境になっています

筆者もSBI証券を利用していることもあり、当サイトの情報はおおよそSBI証券を利用した経験に基づいています。

まとめ

余談ですが、最近はいわゆるキュレーションサイトなど、投資未経験者が投資情報をまとめているサイトも散見されます。 これらは比較的目に付きやすいのですが、私たちに有意義な情報をもたらしてくれるのかは少々疑問です。

インストックネットでは、

  • 実際に投資をしている筆者が
  • あれやこれや運用を試して
  • その結果上手くいった話も上手くいかなかった話も

全て紹介して行くのが運営方針です。 なるべく生の話をご紹介できるよう努めています。

あなたのお役に立つ情報があれば幸いです。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。