10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

インストックネット まとめ記事一覧

インストックネットの記事から、各ジャンル、シチュエーションごとにまとめたコンテンツです。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

公開:2015年10月10日 最終更新:2015年12月22日

[広告]

コンテンツリスト

サラリーマンの資産運用 -準備から税金まで-

サムネイル

[まとめコンテンツ]

サラリーマンの資産運用 -準備から税金まで-

サラリーマンが資産運用を始める際に気になる取引や税金のことをまとめました。 「昼間は仕事中だから」とか「毎月の給与収入が少ないから」といった悩みは不要です。

投資家になるにはどのくらい資金が必要か

サムネイル

[まとめコンテンツ]

投資家になるにはどのくらい資金が必要か

「投資家になるにはどのくらい資金が必要か」と題して、どんな人が投資家になれるのか、どのくらいのお金があると投資ができるか、という記事を集めました。

できるだけ失敗しない資産運用例

サムネイル

[まとめコンテンツ]

できるだけ失敗しない資産運用例

「できるだけ失敗しないことに重きをおいた資産運用例」と題して、なるべくリスクの低い金融商品にまつわる記事を集めました。 リスクが低いということは、リターンも少ないということですから、守りの資産運用と呼べます。

パソコンやスマホで株取引する際のセキュリティリスク対策

サムネイル

[まとめコンテンツ]

パソコンやスマホで株取引する際のセキュリティリスク対策

パソコンやスマホ、インターネットを利用して取引をする以上、マルウェア(ウイルスやスパイウェアなどの総称)や通信内容の傍聴など、デジタル機器特有のセキュリティリスクが存在します。 このようなリスクは今後もさらに増え続けるでしょうから、常に一定の気を使うことをオススメしたいと思います。

下落トレンド(下降トレンド)の乗り切り方

サムネイル

[まとめコンテンツ]

下落トレンド(下降トレンド)の乗り切り方

下落トレンドで短期的な利益を出すにはベア型ETFを、安定的な投資を行うなら先進国債券がオススメです。 そして、何よりも次の上昇トレンドに向けて銘柄を仕込むことを忘れないでください。

投資やってみたい。どうすればいい?

サムネイル

[まとめコンテンツ]

投資やってみたい。どうすればいい?

投資をやってみたいときはお金と証券口座が必要です。例えば1万円で証券口座の開設も可能です。 投資は裕福な人たちほどやっている傾向が強いのですが、たとえ年収300万未満でも投資できます。 重要なのは、年収がいくらかではなく、投資するためのお金がいくらあるか、です。

資産運用の考え方

サムネイル

[まとめコンテンツ]

資産運用の考え方

資産運用の考え方について、大ルールは、万人に最適な資産運用など無いです。 あなたの年齢、収入、家族構成、仕事の先行き、現在の借金の状況等に応じて、積極的に資産を増やすべきか、それとも守るほうが良いのかが変わってきます。

スマホで株取引 -始め方からセキュリティリスク対策まで-

サムネイル

[まとめコンテンツ]

スマホで株取引 -始め方からセキュリティリスク対策まで-

スマホで株取引したい人は多いようですが、スマホ本体の性能や契約上の理由から、始めるには至らない人達も多いようです。 本記事では、セキュリティや通信量などのよくある質問にも答えつつ、株を始めたいあなたをサポートします。

投資って誰でも出来るの? -年収からオススメ商品まで-

サムネイル

[まとめコンテンツ]

投資って誰でも出来るの? -年収からオススメ商品まで-

お金と証券口座さえあれば誰でも投資が出来ます。1万円程度で投資できる商品を選べば、大きなリスクを背負わず手軽に楽しめます。 ほんと誰でも投資できるので、ほんと気軽に試して!

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。